『超筋トレが最強のソリューションである』

おはようございます。

 

本日はこちら『超筋トレが最強のソリューションである』より

 

 

 

◆筋トレをしない理由がない

 

メンタルヘルス向上

「焦燥感」「不安感」などメンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性が高いものに効果的。

テストステロン、セロトニンドーパミン、βエンドルフィン、ノルアドレナリンなど筋トレによって分泌される代表的なホルモンがその効能だと言われている。

 

アンチエイジング

加齢による筋力低下は30歳頃から緩やかな下降曲線をたどるが若くても筋肉は使わなければ減っていく。

だが筋トレで改善可能でそれはたとえ60歳から始めたとしても効果がある。

筋トレによって筋力アップ、認知機能向上、心肺機能が向上し若さを取り戻すことができる。

 

・仕事のパフォーマンスにも筋トレ

バラク・オバマアメリカ大統領は週に6回45分間の筋トレと有酸素運動をどんなに忙しくても朝に行なっていた。

アップルCEOティム・クックは3時45分に起床し膨大な量のメールを処理し5時からジムでエクササイズしている。

定期的なエクササイズは記憶力の向上、集中力、頭脳明晰に深い関係があることが研究結果で証明されている。

またワークアウトをすることで生産的な時間が日に4時間増えるという研究結果もある。